腕時計を維持する方法

時計

定期的に行うべきこと

機器式の腕時計は定期的にオーバーホールをする必要があるのですが、それは高級腕時計オメガであっても同様です。オーバーホールとは、腕時計を分解して部品を洗浄し、再度、組み立てる作業のことです。腕時計には部品をスムーズに動かし、且つ、部品の摩耗を防ぐために潤滑油が使用されているのですが、潤滑油は経年劣化してしまいます。従って、洗浄して古い潤滑油を取り除くのであって、再度、組み立てる際には新しい潤滑油をさすことになります。もし、オーバーホールを怠ると、時計が激しく狂うようになってしまい、終いには故障してしまいます。安い時計であれば、買い替えることも大いに可能ですが、オメガを使い捨てにするわけにはいきませんから、オーバーホールは定期的に行うべきです。オメガは人気の腕時計ですから、オメガのオーバーホールを請け負う業者は数多くあります。料金の相場は自動巻きや手巻きが2万円程度、クロノグラフが3万円程度ですが、部品交換をしなければならない場合には、さらに料金は高くなります。ただ、業者は通常、先に見積りを出し、その金額で了承を得てから作業に入りますから、オーバーホール後、驚くべき料金を請求される心配はないと言えます。但し、依頼する業者は慎重に選択すべきであり、オメガのオーバーホールの実績が豊富であったり、評判が良い業者に依頼すべきです。オメガは高品質な腕時計ですから、設備が充実している業者でなければ、きちんとしたオーバーホールをすることは不可能なのです。オーバーホールをしたのに調子が悪いということもありますので、オメガに精通している業者に依頼をするべきなのです。